慧眼日記

慧眼のラジャ。リアルな日常。

スポンサーリンク

2019年 6月

100円ローソンの奇跡

毎日、通勤途中にある100円ローソンに立ち寄る。 週に2日くらいだろうか、その100ローに可愛い女の子店員がいるんだ。僕は、そんな彼女の事を心の中で「100ローの奇跡」と呼んでいる。彼女はいつも笑顔で明るく仕事をしている。その笑顔に何度癒された事だろ…

子供をユーチューバーにするのはどうかと。

先日、徹マンをしていた時の話。メンツは僕と店長と友人Aという3人麻雀。もちろん、きっちり握っていた。いかに真剣といえども、場はくだらない話題で盛り上がりつつ麻雀を楽しむのが僕らの流儀。女子がオシャレな喫茶店でおいしいケーキを食べながら色恋ト…

不健全な旅がしたい。アドバイス求む。

旅がしたい。それも、思いっきり不摂生な旅。飯・酒・女・博打。不健全な欲求を詰め込んだ旅を。ちなみに、そんな旅を過去に何度が敢行したことがある。その昔(1年前くらい)は、その思い出を綴った記事を書いていた。覚えている人は、なかなかのベビーユーザ…

病院の待ち時間を利用してパチンコを打った。

病院の待ち時間。どうにかしてほしい。 特に、総合病院となれば待ち時間が途方もなく長い。今日に限っては、検査もしたので軽く2時間待ち。まあ、検査結果を出すのに小一時間はかかるらしいのでしょうがないか。しかしまあ、朝っぱらから病院は人でいっぱい…

マンションのゴミ捨て場

僕が住んでいるマンションのゴミ捨て場は汚い。毎日、ゴミが散乱している。 犯人はネコたんかカラスだろう。そんな汚すぎるゴミ捨て場は、マンション出入口の隣にあるもんだから嫌でも目に入る。汚いねえ。毎回、そんな感想を心の中でつぶやき、他人事のよう…

本籍に「日本」と書く若い女性

ご存知の方もいると思うが、僕はキャバクラでボーイをしている。この仕事に情熱をもっているわけではないが、それなりマジメに粛々と働いているつもりだ。キャバクラにとって、キャバクラ嬢と呼ばれる女性達は大切な商品。パチンコ屋のパチンコ・スロット台…

カネマサという男

古い友人がいる。彼の名はカネマサ。僕が名付け、僕しかその名を呼ばない。いわゆる魂の名前。まず、彼との出会いから。 初めての接触は高校の時。たしか2年生くらいだったと思う。「おい、お前ケンカしないか?」これはカネマサが初対面で僕に向かって吐い…

あの残業は何だったのか?

昨日は、がむしゃらに酒を飲んだ。 ビール、焼酎、梅酒、レッドブルウォッカ、ハイボール、ブランデー・・・。今現在、極度の二日酔いに苛まれている。昼頃帰宅し、そのまま泥のように眠った。もちろん記憶は断片的で、詳細を覚えていない。なにか下手打って…

旅に出たい。6/15

ふと、旅に出たいと思った。最近、なにげに仕事が忙しい。新規のキャバクラ嬢達が僕のお店に群がってくる。 まあ、会社的には嬉しいかぎりだが、僕は全然うれしくない。仕事。したくない。これは、仕事になんの情熱も持っていない男のリアルな本音だ。 別に…

なぜ、挨拶が出来ないのか?

あいさつが出来ない?いや、しない人ってたまーにいる。 「おはようございます。」 顔を合わせての一発目は、これだろう。別に難しくない。あえて、こう言おう。常識。そう、あたりまえの事だ。僕の職場に、あいさつをしない部下がいる。最近、入社したばか…

自分が【イケメン】だと・・・?

僕はイケメンだと思い込んでいた。それは、鏡に映る自分の姿、顔を見て判断していた。出勤前、髪をセットしている時「今日もイケてるなあ・・・」と。ただ、自分がイケてる思う瞬間は、出勤前の髪型をセットしている時だけ。 ふと、写真や動画に映り込んでい…

悪い事をするとバチがあたる。

この世の中で生きていると、この言葉は誰でも知っているだろう。もし、知らない方がいたら教えよう。悪い事をすると、バチが当たるのだ。 それは、僕の実体験に基づいている。昔、こんな事があった。小学校低学年の時だろうか。当時、仲間内で流行していた遊…

スポンサーリンク