慧眼日記

慧眼のラジャ。リアルな日常。

スポンサーリンク

ギャンブル依存症の鎮魂歌

嗚呼、ギャンブルがしたい。

バチバチに震える勝負。本当に使ってはいけないおカネを賭けたい。

過去、僕は負け続けた。

パチンコ、スロット、バカラ、ルーレット、ブラックジャック、競艇、競馬、宝くじ、ビデオスロット・・・。

様々なギャンブルに手を出して、ことごとく負け。

所詮は、胴元が勝つシステム。分かってはいる。分かってはいるんだけど、勝負に勝って得たあぶく銭の魅力は計り知れない。

あー、こんだけ勝っちゃった!
このおカネで何しようかな!うまい飯でも食べて、買っちゃうか!オンナでも・・・!

ちなみに、僕は宵越しの銭は持たない主義。

その時儲けたおカネは、その日のうちに使う。

そんなカネを持っている時。なんとも言えない優越感に浸れた。

何でもできる!世界は、僕のものだ!

赤はよけいに赤に見え、黒は金色に見えた。

勝ちが続く時は、続く。負ける気がしない。ギャンブルなんて簡単。なんで、みんな必死に働いてるの?ギャンブルやればいいじゃん!

バイトで時給1000円ちょっとで頑張っちゃって、○○なの?
おカネを稼ぐなんて、超カンタンだよ!!!!

ほら、ギャンブルやりなよ!

ほら!ほら!ほら・・・!

勝ちに勝ちまくると、僕はこうなった。

過剰になんか言っていない。本当にそう思った。しかし、しかしだよ。

そうそう長くは続かない。

10万勝つと言うことは、10万負けると言うことと同じ。

一時の稼ぎを「あぶく銭」と称した僕に、明るい未来なんかなかった。

金銭感覚は狂い、1000円札でケツを拭いた。

おカネを粗末に扱う男の末路は、誰でも想像がつく。

そう。負けた。

負けに負けて、負け続けた。

なんで?なんでこうなった?あのカネはどこにいった?

僕には、何がなんだかワカラナイヨ。

勝つ時は、ひたすら勝ち続けるが、負ける時は何をやっても負けた。

負けて、気づく。

あっ、やっぱギャンブル向いてないや。

しかし、あるギャンブラーはこう言った。

「タネ銭がある限り、君はギャンブルをする。」

そして、カネが入ればチンケなギャンブルを繰り返す。勝つより負ける方がカンタンな事は、分かっているくせに。

それでも、ギャンブルがしたい。

ギリギリの所でスパッと勝ちたい。

勝ちたい。勝ちたい。勝ちたい。

あの、勝った時のやりきった優越感とカネを、もう一度。

・・・死にたい。

続く。

スポンサーリンク