慧眼日記

慧眼のラジャ。リアルな日常。

スポンサーリンク

日本にカジノが出来たなら~破滅へようこそ~

これは、元ギャンブラーの酸っぱい意見として読んでほしい。


この国にカジノが出来たなら、どうなるか?

f:id:rajaman:20190523111305p:plain


まあ、戯れ言だと思って読んでほしい。


まずオンラインカジノにドハマリして人生の貴重な時間を失った僕。

ギャンブルに興じていた時間が無駄だったわけではない。
ギャンブルに使ったおカネを稼ぐ為に働いていた時間が無駄になったということ。


そんな僕だが、日本にカジノができる事に対しては反対する。

あれは、ヤバい。

沼。

1度でも勝利という甘い蜜を吸っちゃえば、ズブズブ!っと、とりこまれる。

パチンコやパチスロ、競馬、競艇とは違う。

上記のギャンブルは、知識があれば「ある程度」勝率は上がる。

一応、カジノのギャンブル達にも勝率を上げる方法は存在する。

が・・・

しかし、しかしだよ。

豊富な資金と、鋼のメンタルが必要。

まあ、なんのギャンブルにも共通することだけどカジノにおいてはかなり早い段階でメンタルがやられる。

カジノで安定して稼ぐには、ガッチガチの鋼メンタルをもって挑まないと稼げない。

これは、検証済み。

ちなみに、僕が実際にやったのは

バカラとルーレットでマーチンゲール法。

ブラックジャックでベーシックストラテジー。

それなに?って方がいたらググってほしい。

ものすごく端的に言うと、マーチンは倍々チャンスでベシストは手順表。

分かりやすいでしょ?w

とりあえず、その方法で挑んだわけだが結果は惨敗。資金の枯渇。メンタルの崩壊。

10連敗くらいしちゃうからw簡単に。

100円スタートで、10連敗して10万円賭けるはめになるから。

そこでギリギリとれたとしても、明日か明後日か明々後日かには10連敗は訪れる。

(そんなツラには、賭けなきゃいいじゃん!)

って、思ったけどそんなエスパー的な回避は不可能。わかんないもん。先の展開なんて。

そもそも、そんなリスクを背負ってチマチマチマチマチマチマ勝ちを積み上げ10000円稼いでも、1回の10連敗で全てを無に返され、スマホを投げる。

100回勝つ→10連敗→やるしかねえ!

→スマホ投げる。

ここで、スマホを投げずにまた1から淡々と始められるメンタルは大概の人には備わっていない。

ベシストに関しても、負けが続いた時にいかに耐えられるかがミソ。

現実は、かなりきつい。どんなに勝率が高い手法だろうが、負けが続けば簡単にメンタルが崩壊する。

それに、僕の場合はliveのブラックジャックで他プレイヤーの「選択待ち」が遅すぎて辞めた。

いや、20出てるのになんでスタンドしないの?

これ。こういうのが本当にストレスだった。

よって、カジノにおいて「安定して稼ぐ」ということは常人にはハードルが高すぎるということはお分かり頂けただろう。

まあ、この検証はオンラインカジノだからリアルカジノとは、ちと話は変わってくるが・・・。

そこは、置いといてw


そして、カジノの「ヤバさ」を語るにおいてもっとも重要な要素。

誰でも勝てる。

ルールがよく分からなくても、なんとなくで賭けても、順張りしても逆張りしても、間違って賭けても、何やっても勝つときは勝つ。

運の要素がかなり強い。

それは、簡単に死ねるということ。

運が悪い時。まあ、目も当てられない。
この運の流れが悪いと判断しても、スパッとは辞めれない。

連敗したなら、連勝するから。

まず、バカラとかルーレットなど勝敗が決まるのが早い。賭けてからものの数分で決着がつく。

短い時間で試行回数が増えれば運はすぐに収束する。

これが、カジノの闇。既存の日本にあるギャンブルとの差。

運の収束が早い。

それすなわち、数分で大金を稼げるし

数分で大金を失う。

少額の場合、興奮もそれなり。まあ、無ではないものの歓喜とまではいかないが・・・

大金を積んでいたら?

月給20万円の男が5万円を賭けていたとしたら?

金銭感覚としては察しがつくだろう。
コンビニで買い物をした時、1000円以上使うと贅沢した気持ちになる、そんな感覚の持ち主。

これがバカラなら、10万円になって戻ってくる。

負ければ、給料の25%を失う。

わずか数分。いや数秒で。

その男にとって、そのおカネの価値は5日分の労働に価する。

「1」でも賭けた方の数字が高ければ、勝ち。

バチバチに焼ける瞬間。

こい・・・!こい・・・!

こい・・・・・・!!!

勝てば、歓喜の咆哮。

負ければ・・・次。

そう、怖いのが(特にバカラ)これ。

負けた額の倍を賭け、勝てば取り返せる。

これが完全に罠。

冷静に考えれば、簡単にかわせるトラップ。

しかし、そうは問屋が卸さない。

焼けてる。完全に。5万円のヒリつく勝負をして敗れた後だ。もう、引き返せない。

0になるまで。

ルーレットだろうと、ブラックジャックだろうと、ポーカーだろうと、その本質は変わらない。

これが、カジノの恐ろしさ。

そんな危険なギャンブルが、オリンピックを理由に来日しようとしている。

国よ。どれだけ、甘い蜜をチューチューするつもりだ。

パチンコ業界が廃れている今、そこにシフトチェンジしたいのだろうか?

いや、その為の所業なのかもしれない。

ギャンブルに焼けた僕だからこそ、これだけは言える。

やらんほうがいい。

破滅する。

以上、元ギャンブラーからでした。

つづく。









スポンサーリンク