慧眼日記

慧眼のラジャ。リアルな日常。

スポンサーリンク

蚊がいる。どこにでも。

なんなんだ。蚊は。

アイツらはどこにでもいる。僕の自宅にも、仕事先にも、車の中にも、公衆トイレにも、コンビニにも、スーパーにも、行く先々に現れ僕の血液を奪う。

なんで血を奪うんだよ。

なんで僕ばっかりを狙ってくるんだよ。


僕は、蚊に狙われやすい。同じ空間に複数人いても僕だけがやられる。
1匹しかいないはずなのに、2つ3つポンポンとやられる。

せめて、1ヶ所にしてくれよ。

欲張りすぎるよ。

やつらは、春先から頻繁に現れ、まだまだ寒さが残る季節にも「ぷ~ん」っとやってくる。



あの音の憎たらしさよ。



聞こえた瞬間、ハッとする。



なぜ、わざわざ耳元付近を飛行し存在をアピールするのか?

威嚇なのか挑発なのか、その意図を理解できるはずがない。ただ、これだけは言える。


完全に僕を舐めている。


いくら心穏やかな優しさに溢れている僕でも、やるときはやる。

やるときは、やるんだよ。

所詮は、人と小虫。
僕はヒラルキー頂点にいる。奴らを殲滅する事なんていともたやすい。

なんなら、こんな殺戮マシーンもある。


f:id:rajaman:20190524061034j:plain


「蚊用置方決戦兵器Earth no mat 」

この丸みをおびたボディ。

さわやかなライトブルー。

これまで、歴戦の戦士達をあの世に送ってきた鬼畜すぎるチートマシーン。

こいつを戦線に投入すれば、戦局は一変する。

ええい、躊躇する必要はない。奴らを根絶やしにしていまえい!

皆殺しだ!!

ホロコーストだ!!!

情けは無用!!!

やれ!やれ!!どんどんやれえ!!!


・・・。



自分は「まっとうな人間だ」と心の底から信じている人は、ある意味、狂人。
ただ、その狂気は本人を幸せにしている。

僕も、そういう狂気を持っているかもしれない。



こんな事を毎回考えているから、僕は蚊に刺されるのかもしれないなあ。

つづく。

スポンサーリンク