慧眼日記

慧眼のラジャ。リアルな日常。

スポンサーリンク

【脱ギャン】すでにきついんだけど【1日目】

10月15日火曜日

ギャンブル辞めました宣言から1日目。
いよいよ、そのストレスが蓄積され初めている。

この日、例の麻雀が行われた。

まあ、これはいい。唯一残されたオアシスだから。それにヒリつくというより、純粋にゲーム感覚で楽しめるからギャンブルやっている感にはならない。

問題はその後。

その麻雀に興じた後の流れ。その場に居合わせる不摂生達。麻雀も終わり、後片付けをしながら、不摂生達が口走る。

・・・この後、どうする?

時刻は、朝8時。パチンコ屋のオープンまであと1時間。むしろ、「この後、どうする?」という質問の真意は「今日、何打つ?」ということだ。

もはや、麻雀の後は朝イチからパチンコに行くという当然でナチュラルなルートが出来上がっている。

ここは、余裕の回避。

僕は、ギャンブル辞めたンで行きません・・・!

そう、胸を張って言えた。

いやいや!麻雀はやってるじゃん・・・!などといった反論もあったが、そんなんコトリの囀ずりにしか聞こえない。

誰がなんと言おうが、僕は、もう麻雀以外のギャンブルはやらない。

鉄の意志を発動。むしろ、ギャンブルをやらない僕ってカッコいいでしょ?という謎のナルシスさえも芽生えていた。

どうせ、続かないよ!

そんな負け犬達のキャン鳴きをはねのけ、僕は自宅へと帰る。


ーしかし、雀荘から自宅まではまぁまぁ距離がある。特に朝の渋滞がさらにその距離を伸ばし、時間を奪う。

これまで見えなかったストレスを感じる。麻雀後は確でパチンコに行っていたから、この渋滞は初めての体験となり未経験のストレスを与えてくれる。

夜中走れば、40分くらいの道のり。

しかし、通勤ラッシュの渋滞で40分で稼いだ距離は半分にも満たない。

・・・パチンコに行ってたほうがよかったんじゃ

そんな気持ちになってくる。
こんなにも渋滞で時間取られるくらいなら、1パチとか打って時間ズラしてた方が賢明じゃないのか?

・・・!

バカ!バカバカバカバカバカバカ!

危なかった。なにかと理由をつけて、パチンコを肯定してしまった。

過去、何度これでやられてきたのか。

どんな理由があっても、ハンドルを捻ればそれで詰む。ちょっとだけ・・・は完全に負け。

しかし、いかんせん渋滞が酷い。

こんな渋滞の中を毎日通勤している人々に哀れみさえ感じてならない。なんとなならんものなのか。

そして、あまりにも渋滞に耐えきれず、コンビニへ避難。落ち着くまで仮眠することにした。

車のシートを倒し、秋晴れの空を見上げる。
f:id:rajaman:20191016151430j:plain

なんて、心地いいんだ。
ギャン鬼だった時代は、空を見上げるだけではこんな気持ちになる事はなかった。

心が澄んでいる。

そんな感覚。

ただ、やはりあの感情もやってくる。

家に帰ってなにやろう。

これだ。何も楽しみがない。この後だけじゃない。人生のその先も、何もない。

この気持ち。最強。

常に空虚な気持ちを与えてくれる。

生きていく意味まで考えさせられる。
たかだかギャンブルをやらないだけで。それだけギャンブルというものは僕にとってはかけがえがない生きていく為に必要な要素だったのかもしれない。

結局、昼過ぎまでコンビニの駐車場で仮眠し(迷惑なやつですみません)自宅へ帰った。

そして、さらに寝る。

目が覚めたのは夕方。ここから仕事だ。

とりあえず、今日は乗り越えた。


つづく。

スポンサーリンク