慧眼日記【gamble days】

慧眼のラジャ。リアルな日常。

スポンサーリンク

オンカジ始めました。

もう、これしかない。

そう、オンカジ。

昨今のコロナ騒ぎで、僕は大切な事を学んだ。それは、収入源を増やさないと世間で大事が起こった時路頭に迷うということ。

実際、僕の収入源はリアル労働と「裏日報」での売上のみ。ちょこちょこパチとかボートとか麻雀はやってはいるけど、あんなんゼニを減らす趣味みたいなもんだ。あれらで稼げる気はまったくしない。

そこで、僕は考えた。他に収入を得るための方法を。そして出た答えがオンカジ。いわゆるオンラインカジノ。これからの時代はオンカジだ。なぜなら、パチンコの時代が終わったからだ。パチ屋は禁煙になり既存のユーザーを落としてしまった。かといって新規ユーザーを取り込めるほどの力はない。いくら超ビッグコンテンツで台を作ったところで、現状の規制でヒリつくスペックを搭載させることなどできない。ギャンブルからゲームになったパチンコはもはやオワコンってやつだ。

そのパチに打って変わるのが、オンカジ。時に、昨今のオンカジで打てるスロットはめちゃくちゃ面白い。パチスロを意識した「ハワイアンドリーム」とか「カエルのやつ」はスロッカスにもそれなり刺さると思う。
f:id:rajaman:20200402200355p:plain

まあ、オンカジスロットは勝てないけど(笑)

しかし、どうやって稼ぐか?

正直、めくりには自信があるものの、安定した稼ぎを得ようとするなら話は別。一時的にぶちあげることもあるだろうけど、いつかは必ず収束してぶちさがる。

このぶちさげた時、たいがい終わる。そう、僕はすぐ熱くなって焼けるから。

そう、これなんだよね。負けこんだときに耐えうる強靭なメンタルが絶対に必要。

まあ、きちぃ。

ただ、やるしかねえと。

実際、僕はベラジョンのめくりで助けられた。その顛末は東海エステ日報で軽く紹介しようと思う。

まあ、一時的な勝ちに酔っているわけではないけど、そこそこ闘えそうな予感がしている。まだどういう方法でやるか目標額とか決めてないけど、とりあえずオンカジで闘うという大きな方針は決まった。

このブログでは、その様子を逐一公開していきたいと思う。まあ、勝負の最中は頭の中焼けてるからスクショ忘れたりして結果しか載せないとかもあるだろうけど(笑)

できる範囲で載せてければと。

そんな軽い気持ちでスタートしたい。

f:id:rajaman:20200402190524j:plain

以上。

スポンサーリンク