慧眼日記【gamble days】

慧眼のラジャ。リアルな日常。

スポンサーリンク

【18日目】ギャンブルの断り方

ギャンブルへの誘惑。それは自身を取り巻く環境に潜んでいる。やはり、一番強力なのは友人からの誘いだろう。

とりわけ、麻雀。

パチやボートなんか1人でもできるから、断られた相手もさほどダメージはないしすぐ諦める。

しかし、麻雀は違う。

メンツ確保の為、なんとか参加させようと相手も必死になる。それは、逆の立場を経験しているからこそ僕自身よく理解している。

もちろん、断れなくする最強の決めゼリフも僕は知っている。

それは

「あの」先輩がやりたいらしいから参加してほしい。

これだ。ちなみに「あの」という箇所には様々な言葉が入る。「恩がある」から「泣く子も黙る」まで、断ると後々やっかいそうなワードがスッポリずっぽし。その先輩によって多様に変化していく。

そんな先輩を回避するにはそれ相応の理由が必要とされる。

ゼニがねえはかなり弱い。そんなん大人3~4人集まればいとも簡単に解決してしまうから。

身内に不幸ケースは年に一回くらいしか使えず、急な仕事が~はけっこうめくれたりするからリスクが高い。

結局、どうすればいいのか?

これだ。

f:id:rajaman:20200909195816p:plain

以上。

スポンサーリンク