慧眼日記~修羅編~

思った事を書いてるだけ

スポンサーリンク

【2日目】さっそく成果が

朝、完全に立っていた。

普段より固さが明らかに違った。いつもは寸寸のオシッコを我慢して膨張しているだけって感じだったが、明らかに戦闘態勢だった。そうだな、だいたい90%くらいだろうか。

やっぱ、キてるわ。整ってる。

さらに、前日に酒を飲まなかった事もあり寝起きは爽快。小雨降るドンヨリした天気だったけど、なんか明るく感じた。

しかし、容赦はしない。

起床し一服した後、すぐに家を飛び出した。昨日ドンキで買った1000円くらいのランニングシューズを履いて。

準備体操を念入りにし、昨日とは違うコースを走った。

だが、キツい。異様にキツい。「ふっふ!ふっふ!」という呼吸のリズムが「無っ理!無っ理!」と脳内再生された。

どれくらい走ったかはわからない。ただ、自宅を飛び出してから15分後に僕は自宅でタバコを吹かしてした。

なにより、筋肉痛が辛い。ちゃんと歩けないし動けない。でも、それがちょっと気持ちよかったり。

そして、断捨離を実行。

部屋に散乱する生活必需品をクローゼットにぶちこむ為、クローゼット内のガラクタを整理。そうすれば、まだ本が出てくる。平成の頃の僕は無駄に読書家だったらしい。

あとは、ホームシアターセットとか服とかプレステのカセットとかそんなん。売れそうなものはすべて段ボールへ詰めハードオフとブックオフへ。

700円になった。段ボール3つで。ほぼほぼ買い取れませんゴミすぎて。ただ、ゴミ捨ててゼニになるなら御の字。

0カロリーよりマシ理論。

あとの「さすがにゴミ」はゴミステーションへ。スタッフのロマンスグレーに渡してきた。

そして、断捨離は完了。今、僕の部屋にはテーブルとパソコンとティッシュとゴミ箱しかない。あとの日常生活に必要な物はすべてクローゼットに押し込んである。

完璧だ。マジで解放感がある。

そんな中、ふと自分の力を試したくなった。そう、朝のあれは「偶然」だったのか「必然」だったのか、それを確かめなくてはならない。

幸い、必要な物は手を伸ばせば届く所にある。

パソコン、ティッシュ、ゴミ箱。

最近の僕の流行りはカップル?夫婦?が記念にヌード写真を撮るけどなぜか男の方はスタジオが用意したモデルでズッポシみたいなやつ。女優さんの「え?え?」みたいな演技がこれまたツボ。

スタートから飛ばさず、じっくりとその作品を観た。

大切な事はイマジネーション。まるで自分がそこにいて、実際にその絡みの渦中にいるかの如く想像し、「うーんそれは気持ちいいだろうなー」を「これは気持ちいい」に変換していく。

するとどうだ。

中盤の絡み域に入ればキッチリ90%に仕上がった。すごいすごいぞ。これはどうして、整った結果としかいいようがない。

そして、ティッシュへ放ちゴミ箱へポイ。

淀み、折れは一切なかった。

気持ちいいというか、嬉しかったよね。

やはり、僕はまだまだ若かった。

f:id:rajaman:20210702222553j:plain

以上。

スポンサーリンク